入院中の食事に感動!

宇都宮でがんの再検診のために入院をしている時、不安がありながらも少しきもちが落ち着くと、食事をすることが楽しみになってきます。それは、今日はどんな食事なんだろうと思ったりして、そのことが楽しみになるのです。入院中は、ほとんどベッド上で過ごすことが多いのです。そんな時、ほとんどの入院患者は、食事について楽しみにしていると感じます。そんな時、朝食について感激することがありました。それは、毎日パン食かご飯か選ぶことが出来るのです。パンが好きな私は、パンをほとんど選んでいました。そのように選択できるというのは、とてもありがたいことであると感じます。また、夕食についてもその季節感を感じることができるメニューとなっています。入院をしていても、季節を感じて欲しいという、そんな作り手の気持ちが伝わってきます。そのことを感じた時、暖かさも感じることが出来ますね。温かいものは温かいように、冷たいものは冷たくなど、とても工夫されているところも感激しました。