長い入院のちょっとしたストレス解消法

入院生活も1週間で終われるのではなく、2週間以上と長期になってきますと、ストレスってたまるものです。ただでさえ、見ず知らずの他人と同じ部屋でストレスがたまるというものですけれど。その前に病院での入院生活というものは、実に退屈なものでしょう。けれど、必要だから入院しているのですからね。病気ないしケガを早く治すことをまず考えなくてはなりません。

しかし、入院生活も長くなるとイライラストレスだってあるものです。自由のなさに泣きたくもなるものです。入院患者なのですから、仕方がないことなのですが。けれど大部屋はやはりストレスを感じないわけではありませんので。

そこでできる「ちょっとしたリフレッシュ方法」なのですが、それは「いい匂いを嗅ぐ」とうことです。とても原始的な方法のように思うかも知れませんけれど、実際効果がありますからね。イラっとしたあアロマのにおいを嗅ぐ〜という方法にて、病院での大部屋入院生活を乗り切った人もいますからね。ですから入院にあたっての「ちょっとした気分転換グッズ」は大事ですから。それがアロマでもいいでしょう。

PR|乳がんの最新治療の名医|