血圧の薬の服用について

6,7年前のことです。

健康と減量のため健康センターでトレーニングしようと訪問すると、その施設の入館には血圧測定が義務づけられていました。下は忘れましたが、何度測っても上は160以上だったので入館させてもらえず、看護師さんに病院での受診を勧められました。

 

そう言えば首の痛みがひどく辛い日もあったなあと思い、余り混まない近所の個人病院を探し受診すると初めは160,110.65位で2週に1回の通院を命じられました。

 

毎回の血圧測定と採尿、採血、診察、時折心電図とレントゲン、薬は降圧剤に高脂血症、痛風の三点セットを続け、今は月1回の通院に至っています。朝は高めの日もありますが、120,80,60に落ち着いています。

 

首の痛みも軽減しました。3年前の職場の年1回の健康診断の問診の時です。年配の医師から「降圧剤を服用しているようですが下がりすぎることはありませんか、病院で薬を減らすのは稀なので、そんな時は自分で調整してください。」と言われ吃驚しました。

 

確かに100,60,60や100以下の日もあり思い当たったので、この頃は就寝前の薬で時々調整しています。

 

一度飲み始めた血圧の薬は飲み続けなければならないとも言われますから、こんな服用の仕方で少々抵抗しています。

PR|乳がんMRI検査をカンタン予約