久しぶりの入院で相部屋の居心地の悪さ実感

まだ30代だということもあり、入院をする機会は滅多にないものですが、しかし久しぶりに婦人科で乳がん検診に一泊でも入院をすると戸惑うことがあります。それは「相部屋」ということです。たいした病状でもない場合は、まあ大抵大部屋に入院をしますよね。「まー、短期間だし料金が安い大部屋でいいやー」と、個室を選択するということは、はなっから頭にないわけです。

しかし相部屋の病室になってすぐに後悔してしまいますね。なぜってやっぱり落ち着きませんもん。見ず知らずに他人と同じ部屋で寝泊まりをするということ自体、普段は滅多にないことだというものでしょう。入院という状況ですから仕方がないとはいえ、やっぱり落ち着かないわけですよ。

しかし、カーテンを閉めきるわけにはいかないのです。なぜなら、大部屋はわけですから。カーテンを閉め切っていますと、窓側ではなくドア側の患者さんからクレームが来たりもしますからね。ですから居心地が悪いわけです。久しぶりに入院で毎度感じることといえば、やはり「居心地の悪さ」ですね。まあ居心地が良くても困ることですが。