がん手術の入院時の荷物は最小限に

父が甲状腺がんの摘出手術のため、入院しました。その際、病院側から必要なものリストにあるタオルや洗面具など準備することはもちろん、その他にもティッシュや筆記用具など荷物が大判の紙袋3つ分ぐらいありました。

しかし後でこんなに準備して持って行くことはなかったと後悔しています。がん手術の場合、部位にもよるかもしれませんが、術後はほとんど集中治療室に入ります。そのため、一旦一般病棟から全部荷物を撤収することとなりました。結局その病棟にいたのは、手術前の1日だけだったのです。

それを知っていたならば、その日のみに必要な物だけを準備していけばよかったと思いました。次の日はすぐ手術着に着替えますし、そう考えると、おそらく紙袋1つ分ぐらいで間に合ったと思います。その後、経過が良ければ一般病棟に再び戻る形となるので、そうなったら着替えなどの荷物を準備して持っていけば十分間に合いました。

そうとは知らず、いきなり着替えなどをしっかり準備して持っていってしまったので、大荷物となり、移動が大変でした。そういったことも、予め入院時に確認しておく方がよかったなと思いました。

PR|乳がん検診の画像|