病気の場合は誰かに相談しましょう

数年前から経過観察中の病気があり、悪化した場合は手術を行う必要があると主治医より言われていました。
私が入院、手術をする間幼い我が子の生活をどうするかが自分の体調よりも気になりました。
まだ分別がついていない子供を置いて治療する事に抵抗があり、ある程度大きくなるまで手術を見送りたいと主治医に相談したこともありました。

家族、実父母、義理の父母に相談し預かってもらう事、もしくは育児を補助してもらう事は可能かをまず相談しました。
主治医には子供の預け先から近い病院での手術も出来ると提案してもらいました。
私自身では子供も一緒に入院できる病院やショートステイ、ベビーシッター、一時保育など利用できる施設がないかを調べました。
最終的には、万が一退院が延びてしまった時のことを考え身内に預けることで全員が納得し私の悩みが一つ解決しました。

私は幸いにも身内に協力してもらいましたが、もしそれが困難な場合であっても利用できるシステムや施設がいくつかあります。
ホームページでは詳細がかかれていない場合もあるので、最寄りの役所に問い合わせて相談されるのがよろしいかと思います。

PR|がん検診の宇都宮セントラルクリニック